大規模発電を可能にしたメガソーラー|自然の偉大なエコパワー

管理会社選びが重要

契約

マンションやアパート経営をする場合に、心配なことは住人が毎月家賃を滞納しないで支払うことが出来るかでしょう。マンション経営やアパート経営の場合、家賃が主な収入源となりますので、数ヶ月も家賃を滞納されると非常に困ってしまいます。ですが、最近は便利な制度があるのです。大手のハウスメーカーが行なっている家賃保証制度です。

家賃保証制度とは、マンション経営やアポート経営をする場合のリスクを軽減してくれるでしょう。具体的には、マンションやアパートのオーナーと入居者の間に管理会社が介入します。この管理会社が毎月の家賃を保証してくれるのです。それだけでは、ありません。入居者との契約や更新、クレームなども管理会社が引き受けてくれます。入居者が家賃を滞納した場合も、オーナーに代わり家賃の催促をします。つまり、オーナーは面倒くさい作業をすることなく毎月の家賃収入を手にすることが出来るのです。入居者との直接顔を合わせることもないのです。今まで一度のマンション経営やアパート経営したことがない人には、管理会社に契約して家賃保証してもらいましょう。

家賃保証は非常に便利で優れた制度ですが、慎重に管理会社を見極めないといけません。なぜなら、管理会社とのトラブルも結構あるからです。そもそも管理会社の経営が傾けば、家賃保証どころではありません。ネットで管理会社を検索すると30年保証を売りにしている管理会社もあります。しかし、管理会社が30年間潰れないとは言い切れません。ですから、しっかりと家賃保証してくれる管理会社と契約しましょう。